在庫管理から、攻めの在庫生産管理
在庫管理・生産管理で
お悩みありませんか?
生産管理、在庫管理のコストを下げたい
生産予測が熟練の技術者に属人化している
管理システムを使っているが、使いづらい
データ量が膨大で管理しきれない
倉庫管理コストを下げたい
個品目の変動を把握できていない
そんなお悩みSTOCK STREAMSで
解決できます
AIを活用したこれまでにない全く新しい在庫生産管理ツール

在庫情報を一括管理
「クラウド型」のAIサービスのため
どこからでも最新データを活用できます
未来の受注数予測
入力された在庫情報を元に、AIが
変動要因を学習し、高度な予測を実現
倉庫回転率を最大化
欠品最小化・回転率最大化可能な
生産計画を全自動で作成します

BENEFIT
導入のメリット

生産管理と在庫管理をひとつに
これまでどうしても人の手が必要だった生産計画作成弊社独自の特許技術* によって、一つにすることができました。管理している全ての在庫を、一つのシステムで、包括的に管理することができます。 (*特許申請中)
生産・発注計画を完全自動作成
生産・発注リードタイムや、製造リードタイム倉庫容量などを考慮しなければならない生産・発注計画の作成を、日次で完全自動作成が可能になりました。
欠品最小化、回転率最大化
大手食品メーカーで、人間と比較して1.5倍の回転率、欠品0%を実現したAIを搭載。
人間と比較して、高精度な生産計画を作成できます。
個別品目ごとに生産計画立案
品数が多くなると、もはや個別品目ごとに細かく生産・発注点を決定することは、現実的ではありませんでした。人間だと工数がかかり過ぎてしまう作業を、AIが自動で細やかな計算を実現します。
どこからでも、最新データを活用
非クラウド型のシステムでは難しかった、データ同期も、クラウドだから常に最新の情報にアクセス可能。また、倉庫・小売店など、全国・複数拠点から、ブラウザがあればアクセスが可能です。
既存のオンプレシステム連携可能
既存のシステムを活かしながら、AIエンジンを活用したい!というご要望にも柔軟にお答えすることが可能です。基幹システムのAI化はお任せください。(別途費用をお見積いたします。お気軽にお問い合わせください)

FEATURE
サービスの特徴

天気・暦・外部要因を加味しAIが販売数を自動予測
200万品目以上学習の転移学習モデル
これまで製造業・卸、小売に至るまで、幅広い製品性質に対して、天気・暦・その他外部要因を学習してきた機械学習モデルを備えているので、業種・製品種類によらず、安定運用をしていただけます。
在庫回転率を最大化し、不良在庫を圧縮
人間以上の効率化を、全自動で
需要予測のみで終わってしまいがちな生産計画立案を、欠品0%・在庫回転率最大化戦略で最適化を自動化。人間の心理要因に起因する不良在庫や廃棄を最小化することが可能です(特許申請中)
倉庫キャパシティを考慮し、
生産計画立案
全業種の夢、完全個品番管理を全自動で
多品目に渡る日々の在庫管理・生産計画立案において、個別品番ごとに細かく仕入スケジュールを調整するのは、工数面から実質不可能です。STOCK STREAMSはこの極限である完全個品番管理を、倉庫キャパシティを考慮して自動最適化することに成功しました(特許申請中)。

カンタン3ステップで導入可能!
FLOW
導入方法

1
お問い合わせ
2
アカウント発行
3
商品情報を登録
ご利用開始後30日無料でご利用いただけます!

CLIENT CASE
導入事例

AI技術を活用した在庫生産管理エンジンで、在庫回転率を1.5倍に
業種
食品系製造業
プラン
エンタープライズプラン
AI技術を活用した在庫生産管理エンジンで、在庫回転率を1.5倍に
通常生産計画立案は、多様な条件とその属人性によって莫大な工数が要求される業務です。大手食品加工業者様と取り組んだ事例として、過去数年分のデータを分析・予測した受注数を土台にして、各商品毎の発注〜入庫リードタイム、消費期限などを勘案した形で生産数・生産タイミングの最適化を実現しました。さらに、実際に営業との比較として在庫の回転数が平均で1.5倍にまで向上可能であることを実証しました。これは在庫保有量を理論上33%削減できることを示しています。AI技術を活用して、直接的なビジネス効果を示した好例と言えます。

PRICE
料金体系

BASIC
0円/月
上限SKU数
100SKU
上限アカウント数
1名
カスタマイズ
1名
30日間無料トライアル 無料で申し込む
STANDARD
10万円/月
上限SKU数
1000SKU
上限アカウント数
5名まで
カスタマイズ
なし
おすすめプラン
PRO
30万円/月
上限SKU数
3000SKU
上限アカウント数
10名まで
カスタマイズ
なし
ENTERPRISE
60万円~/月
(別途お見積もり)
上限SKU数
3000SKU~
上限アカウント数
30名まで
カスタマイズ
あり
(既存のオンプレシステム連携)
※ プランの制限アカウント数を超えた場合、1名につき、980円/月が別途発生いたします。
※ カスタマイズが可能なプランに関しては、カスタマイズに関する開発費用とそれに伴う月額費用が加算されます。
※ 制限SKU数:A(部材)とB(部材)からC(製品)が作られる場合は3SKU数とカウントします。削除された品目もカウントします。
※ 制御アカウント数:当月内で利用可能となっているアカウント数を対象とします。前月以前に削除したアカウントは、カウント対象に含みません。

STORY
STOCK STREAMSがうまれた理由

在庫管理の「めんどくさい」をなくしたい

ものづくり企業が多く集積する名古屋のAI企業として最初にお取り組みさせていただいた繊維系 メーカー卸企業様とのプロジェクトでは、優に20万品目もの製品の管理を行う必要がございました。 それは原材料を海外で完成品に成形し、国内に輸入して販売するというもので、原産国の違いによる 生産〜輸送リードタイムも異なれば、品目ごとの総受注数の変動も年を跨ぐような長期変動を考慮した 生産計画を決定する必要がありました。

しかし一方で、過去の経験に基づいた現場担当者の方の「勘・コツ」をいかに形式知化するのか、 これは従来よりお使いいただいているシステムでは不可能なものでした。 このような複雑条件下での在庫管理と生産管理が組み合わさった業務を自動化するのは、 同じ大変な状況でものづくりをしている企業が多くいる、この名古屋で地で、自らのAI技術を生かして 価値を提供できるのは私たちしかいないと考えてサービス開発を行っています。

FAQ
よくある質問

Q.過去受注データの必要データ量は何日分ですか?
A.運用は最低1日分の過去受注データがあればご利用いただけます。天気・暦相関を観点に入れて予測値に十分に反映させるためには、1年分〜2年分のデータが蓄積されていると精度が高くなります。
Q.最近発売した製品などは予測できますか?
A.Q1にあるように、最低1日分の過去受注データがあればご利用いただけますが、新製品特有のイベント要因性を反映することは通常困難です。STOCK STREAMSは毎日予測を更新し直しますので、新製品特有の販売動向も毎日追いながら予測値に反映させて対応します。
Q.季節変動・暦などの依存性は再現できますか?
A.可能です。機械学習モデルにあらかじめ天気・暦データと、季節をまたいだ周期性に当たるデータを学習させています。
Q.データのインポート・エクスポートには対応しているか?
A.対応しています。受注履歴などのログデータ、製品情報などのマスタデータを画面上で出入力することが可能です。
Q.導入にかかる費用は?
A.かかりません。(弊社で導入支援をさせていただく場合は別途お見積)
Q.ARIMAなどの統計的な時系列モデルとの違いは?
A.従来の統計的手法では、予測期間の長さに応じて誤差の標準偏差が増大する問題をはらんでいました。STOCK STREAMSで適用している機械学習手法は、約1年先まで誤差の標準偏差を一定に予測することが可能となっています。そのため、予測値の標準偏差に比例する安全在庫数を、人間や従来手法と比較して圧縮することに成功しています。
Q.1ヶ月での利用は可能ですか?
A.可能です。
Q.オンプレによる提供は対応可能ですか?
A.基本的にクラウドで提供しているITサービスであり、安定稼働・冗長性の観点からオンプレの提供は行っておりません。AIエンジンのOEM提供など、別要件での提供は可能ですので、別途お問い合わせいただけますと幸いです。
Q.自社データベースとの連携は可能ですか?
A.可能です。ENTERPRISEプランでのお問い合わせをお待ちしております。
ご利用開始後30日無料
ご利用いただけます!

CONTACT
申し込み・問い合わせ

STOCK STREAMSにご関心をお持ちいただきまして、ありがとうございます。
ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。